あまりに見事な逆転に陶然とする、哀しい物語 ~ 「マリオネットの罠」赤川次郎 著 読書感想文

依然として赤川次郎の人気はすごい。
この前も、「三毛猫ホームズ」がテレビドラマになっていたし(見てはいないのだが。)。
でも、ミステリーファンと称する人々の中には、そういう、なんというのでしょう、ちゃらちゃらした傾向のものを嫌う方もおられるわけで。
別にファンというほどのものではないけれど、自分もどちらかと言えば、ちゃらちゃら系(たとえば、西村京太郎の十津川警部とか内田康夫の浅見光彦とかのシリーズ系)はあまり好きではないのです。

そういう、赤川系が苦手な方であっても、、本作品はたぶん違うはず。
少しもちゃらちゃらしていない、どっしりとした作品なのだから。
文春文庫の「東西ミステリーベスト100」にも収録されておりますよ。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167262274/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_1?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4167262010&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=068JNSWVAYS36299J2FB

画像



冒頭、強烈な殺人シーンが登場する。
どう考えても、「殺人鬼」としか思えない美少女。
そして、その美少女がさらに次々と殺人を繰り返す。被害者には一見共通点が見当たらない。
被害者たちはなぜ殺されたのか。

読者は最終章に至って膝を打つでしょう。
なるほど!と。
そして、殺人鬼(=マリオネット)のあまりに哀しい物語に胸を打たれ、そして、あまりに見事な逆転に陶然としつつ本書を閉じるはずなのです。

もちろん、あちこちに不自然なところはあるけれど、そんなもの、目をつむればよい。


実は、最近、本を読んでも面白く感じなくなってきているのです。
昔と違う。
これは、およそ自分が感受性を失ってきているためなのか。
それとも、最近読んでいる本がたまたま自分に合っていないだけなのか。

それが気になって、本棚で眠っていた本書を取り出したのでした。
読みだしてみたら、面白い!!
結末はかすかに覚えていたのだけれど、それでも、ドキドキしてしまう。
興奮しながら本書を読み終えることができたのだった。

それでわかりました。
自分が感受性を失っているわけではなくて、最近読んでいる本がたまたま自分に合っていないだけなのだと。
少し、安心したのでした。


ネタバレにならないように気を付けつつ、本書を読んで思い出した作品を紹介
「皇帝のかぎ煙草入れ」 カー
「レベル7」  宮部みゆき


ところで、ちらっと登場する片山刑事って、ひょっとして・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック