関東三大天神を回る。~湯島天神~ (平成25年1月13日(日・晴)のかもちゃん その3)

http://pu-u-san.at.webry.info/201301/article_40.htmlの続き


神田明神の裏から出て、一路、湯島天神に向かう。

湯島天神の公式HPはこちら
http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

Wikiより
湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)は、東京都文京区にある神社。旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「加賀梅鉢紋」。
旧称は湯島神社で、通称は湯島天神。
古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れるが、普段からも学問成就や修学旅行の学生らで非常な賑わいを見せている。また境内の梅の花も有名で、この地の梅を歌った「湯島の白梅」(1942年)は戦中時の歌として大ヒットした


途中の脇道を入ると、妻恋神社という、何ともゆかしい名前の神社があるのだけれど、今日は先を急ぐので、パス。
まっすぐ行った道が大きく左に曲がるところに湯島天神がある。
http://pu-u-san.at.webry.info/201301/article_31.html

すげえ!

中はえらい混み方。

屋台もたくさん出ている。

狭い境内は熱気むんむん。

この時期だから当たり前かも知れないのだけれど。

参拝の後、お札はいただいたのだけれど、御朱印は行列が長いので、断念。絵馬もものすごくたくさんかかっている。熱気にあおられつつ、男坂から出る。

しばらく歩くと左手に上野公園不忍池。

ここから弁天島を経由して五條天神に向かう。


続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック