無意味な自慢話(平成25年1月27日(日・晴)のかもちゃん)

仕事に関係した「宿題」を家でやっていたのです。
それをのぞき込んだ子供たちが、「なんだこれ?」と。
うううううむ。
そんなに突飛なことを書いているのだろうか?
まあ、確かに、世の中の実態を知らないで頭の中で考えたことを書いているだけだというのは認めるのだけれど、でも、それをうちの子供たちに言われてもねぇ・・・


【久しぶりのジム】

今日はスポーツジムにお出かけ。
何だか、本当に久しぶりに来たような。

バイクを30分こいだのだけれど、久しぶりのせいか、ものすごく疲れてしまいました。


【無意味な自慢話】

先週行われた大学入試のセンター試験の問題が載った新聞が置いてあったので、試しに日本史Bを解いてみる。
最初に文章があって、その後に具体的な問題文があるのだけれど、最初の文章はほとんど読む必要がないのですね。むしろ、具体的な問題文を先に読んで、文章の中の具体的な問題に関連した部分だけを読めば良い仕組み。
知らないこともたくさんあるけれど、それは山勘で。

・・・というわけで解いていったのを、息子さん(ぶぶ太郎)が採点してみたら、77点だった。
ほう。
自分で言うのも何だが、それはすごい。

報道によれば、
http://www.asahi.com/edu/center-exam/TKY201301230829.html
今回の日本史Bの平均点の中間集計値は63.3。

何だ、今でも合格できちゃうじゃないか!(笑)
実は、大学入試では日本史は取っていなくて、世界史と政治経済だったので、それなのにこれだけできてしまったというのは、我ながら欣快の至り。

そういう、くだらない自慢話はともかくとして、今回の問題の中には、いくつか、つっこみを入れたくなるものが。
特に、第4問の問2。
おいおい。
これが大学入試の問題かよ。
この写真を見て、何の建物かが分かってしまえば、選択肢の中の専門用語を知らなくても、あとは山勘で解けてしまうのでは?これはいくら何でもひどいのでは。
それから、第5問の問4。
このうち、「Y」については、表に書いてあることが選択肢にそのまんま出ているのでは?
つまり、歴史の勉強をしているかどうかに関係なく、普通に日本語の読解力があれば解けてしまうと思うのだけれど、違うのだろうか?
まあ、実際には、「X」との組み合わせが必要なので、そんなに単純ではないのだけれど。


ところで、ぶぶ太郎は何点取れたのだろう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック