会津藩の「地獄」が始まる。 「八重の桜」第20回「開戦!鳥羽伏見」を見た感想。

それにしても、この時期の薩摩藩の陰謀というのはものすごい。
戦を避けようとする幕府側(正確には「王政復古」で幕府は廃止されているので、「旧幕府側」又は「徳川方」とでも表記すべきか。)に対する挑発を、京でも大坂(慶喜が滞在中。)でもなく、「幕府」のお膝元である江戸で引き起こすとは。それにまんまと載ってしまう「幕府」側もだらしないといってしまえばそれまでだが、さすがにこれほどみごとな陰謀を仕掛けられては致し方あるまい。

「八重の桜」が、いよいよ、戊辰戦争に突入しました。
第20回「開戦!鳥羽伏見」の公式サイトはこちら
→ http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story20/

覚馬(西島秀俊)のいうように、この戦は会津にとって地獄になります。
今回は林権助(風間杜夫)が戦死するわけだけれど(史実では戦場で死ぬのではなく、江戸に戻る船の中で新だとのこと。)、来週は八重(綾瀬はるか)の弟の三郎(工藤阿須加)が戦死するはずだし(こちらも史実では江戸まで戻ってから死ぬのだが、ドラマでどう描かれるのかはわからない。)、神保修理(斎藤工)は全責任をとらされて切腹するわけです。

この、神保修理の切腹というのは、昔から、どうしても理解できないのです。
昔、「白虎隊」というドラマがあって、そこでは風間杜夫が容保を、そして国広富之が神保修理を演じていたのだが、そこでこの切腹事件を見て、不思議に思ったのですね。
だって、戦に負けたのは、総大将である慶喜が会津・桑名両藩主を引き連れて勝手に脱出したからでしょ?その責任を、どうして、一介の家臣がとらないといけないのか。
封建体制というのは何と理不尽なことか!と怒ったものでした。

(そして、今、風間杜夫が林権助を、国広富之が横山主税を演じているというのは、何とも感慨深いものが。)

そして、会津藩の多くの家臣が戦死し、女子は壮絶な自害を遂げる。
会津藩の「地獄」は、今でも会津武家屋敷(西郷頼母の旧宅を移設)に展示されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか

    Excerpt: 2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン .. Weblog: 新ドラマQ racked: 2013-05-20 18:13