靴の中がべちゃべちゃ。(平成25年(2013年)7月29日(月・曇一時雨)のかもちゃん)

家を出たとたんに雨が降り出した。

傘を差していても、雨は容赦なく攻めてくる。

靴の中も水がべちゃべちゃ。ズボンはぐちゃぐちゃ。

まあ、こちらはこの程度で済んだのだけれど、全国各地が大雨被害に見舞われているわけで、被害を受けられた方々や避難しておられる方々に、お見舞いの言葉を申し上げます。


【湯田温泉】

今回の豪雨では、特に山口県に大きな被害。
産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130729/dst13072907320001-n1.htm
島根・山口で記録的豪雨 「雷、建物が揺れた」 観光地、家も流され
2013.7.29 07:30

 猛烈な雨が日曜日の中国地方を襲った。観光地として知られる島根県津和野町では28日、民家が流され、住人は雨脚の激しさに「屋根が壊れそうだった」とおびえた。山口県でも家屋が倒壊、土砂崩れなどで交通網が寸断し、移動手段を奪われた住民や小中学生らの孤立が相次いだ。
 静かな山あいに位置し「小京都」と呼ばれる津和野町。明け方ごろからの豪雨に、旅館「よしのや」の女将(おかみ)、松尾梨香さん(36)は「雷もひどく、建物が揺れた」。町内の1859世帯、4165人に避難勧告が出た。お年寄りらが町の施設に身を寄せ、担当者は「体一つで出てきた人も多い」と心配した。
 住宅が倒壊した山口県阿武(あぶ)町では、消防隊員らが住人の夫婦を助け出した。山口市では自衛隊が手作業で捜索に当たり、午後3時50分ごろ、住人の男性を救出した。JR西日本広島支社によると、JR山口線では数カ所で枕木が流され、線路に土砂が流入した。
 山口市の中心部から約3キロ南西の湯田温泉近くでは、普段はほとんど水が流れていないという幅約5メートル、深さ約2メートルの川が一時あふれた。堤防や柵はなく、道路との境目も分からなくなった。



この記事に出てくる湯田温泉には、4年前に子どもたちと一緒に行ったことがある。

「九州・山口旅行記 その3」 http://pu-u-san.at.webry.info/200909/article_35.html
「九州・山口旅行記 その4(最後)」 http://pu-u-san.at.webry.info/200909/article_36.html

泊まった宿は、湯別当 野原 http://www.yubettou-nohara.com/
食事中のバンドのことはブログに書いたけれど、それも含めてとても良い宿でした。
こちらも今回の大雨で被害にあったのでしょうか?


【ウォトカ】

ロシアに出かけていた人がいて、おみやげにウォトカを買ってきた。

ちょっと試してみましょう、ということに。

おおっ!
これは、きついっ!

ほんの少ししか口にしなかったのだけれど、それだけでもふらふらになってしまいそう。

かの国の方々は、こんなにきついものをぐいぐいと飲んでおられるのでしょうか・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック