ひな人形でFBI ~「八重の桜」第32話「兄の見取り図」を見た感想

「八重の桜」第32話「兄の見取り図」を見たのです。
公式サイトはこちら → http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story32/

舞台が京都に移って(もちろん、正しくはこれまでも会津藩の活躍の主舞台は京都だったのだけれど、主人公である八重の活躍の舞台が京都に移ったという意味です。)、ドラマの雰囲気ががらりと変わった感じがする。

何というのだろう、新しい時代をこれから切り開いていくんだ、という、とても「前向き感」が出ていると思うのです。

これまで視聴率的にはかなり苦戦していたわけだけれど、これから巻き返すのでは?


ところで、覚馬(西島秀俊)が、ひな人形について語っていました。
おおおおっ!
これって、
from Japan
by Japan
in Japan
の「FBI戦略」ではありませんか!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック