Bチーム、鳥羽湾めぐりへ出航!(平成25年8月14日(水)のかもちゃん その3)

http://pu-u-san.at.webry.info/201308/article_55.html のつづき。


「鳥羽湾めぐり」の観光船は、「鳥羽マリンターミナル」から発着。ここは、「鳥羽一番街」からは歩いて5分程度。


入ってみると、おおおっ!
画像


なんだ、このすごい「顔出し」はっ!

「伊勢志摩新聞」によりますと
http://www.isenp.co.jp/news/20130725/news03.htm

伊勢志摩に顔出しパネル設置 名工・紀平さん 「潮騒」など描く
 鈴木英敬知事は二十四日のぶら下がり会見で、平成二十七年度末まで展開する「県観光キャンペーン」の企画で、伊勢志摩地域十一カ所に手書きの顔出しパネルを設置すると発表した。パネルで記念撮影して応募すると、非売品のシールが贈られる。八月一日から二十六年三月三十一日まで。
 パネルは、厚生労働省の「現代の名工」に選ばれ、黄綬褒章を受章した映画看板職人・紀平昌伸さんが手描きで作製。「潮騒」や「ゴジラ」、「伊勢 木遣衆」「芭蕉と西行」など、県にゆかりのある映画や人物などをモチーフにした。



また、「カオパネ」(こんなサイトがあるんだ!)によりますと
http://www.kaopane.com/mie/post_65.php
黄綬褒章も受賞した東海地区最後の手描き看板職人「紀平昌伸氏」が描く一点ものの顔出しパネル。
潮騒の舞台になった三重県鳥羽市神島へ渡るマリンターミナルに設置されてますよ。
なんと、ホリプロ、東宝の公認済みなんです。今なら伊勢志摩の顔出しパネルで撮った写真を送るともれなく「伊勢志摩トラベルシール(非売品)」がもらえます。(締切 平成26年3月末)


というわけ。

おお、これは面白い!
・・・として、直ちに顔出しをしたのでした。

さすがにぶぶ子もひいていたのでした。

(ところで、このブログを書いていて、この観光キャンペーンのことを思い出し、さっそく写真を送ったのでした。もれなくシールがもらえるよ。)


さて、話を無理矢理、鳥羽マリンターミナルに戻す。

ここからは、「鳥羽湾めぐりとイルカ島」が30分おきに出ているのです。
マリンターミナル→イルカ島→ミキモト真珠島→マリンターミナル→イルカ島→・・・・
というように回っているのです。
そのほか、市営定期船もここから出ているらしい。
(ツイッターもあったのです。 https://twitter.com/toba_mt20110401

さて、船の乗り場に行こうね。

おおおおっ!

派手だ。

竜宮城のつもりか?


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック