Bチーム、伊勢うどんに仰天!(平成25年8月16日(金)のかもちゃん その1)

http://pu-u-san.at.webry.info/201309/article_17.html のつづき


さあ、大バカ娘(ぶぶ子)との親子大バカ珍道中(Bチーム)も、いよいよ3日目に突入!

伊勢市駅近くの「伊勢シティホテル」で目覚めたのでした。
窓から見た外の光景。
画像


まずは、朝ご飯を食べねば。

ホテル1階のレストランに下りる。

かもちゃんは、お粥セット。
これね。→ http://pu-u-san.at.webry.info/201308/article_34.html

焼き鮭がついている。おみそ汁の具は、あおさ。みそはもちろん、赤だし。前から書いているとおり、赤だしは、甘みが強すぎてあまり好きでない。甘いと同時にしょっぱいし。

そして、付いているのが、伊勢うどん。これは、和食や洋食のセットにも付いていて、この地の名物料理。

さてさて・・・・・






はあ?


あまりの衝撃にぶっ飛んでしまう。

何、これ!!!

これまで、うどんというのは、ひたすら、腰の強いものがうまいものだと思ってきた。

ところが、この「うどん」は、そのような既成概念を激しく破壊する。

とにかく、腰というものが、ない
ぐにょぐにょなのであります。
小学校の給食に出てきた、袋に入ったきしめんに近いと言えば、感じが伝わるのでは。

そして、つゆは、ほとんどしょうゆそのもののような、かなり濃い、どろっとしたものが器の下の方にたまっている。
ざるうどんみたいなかんじのもののつゆがうどんにかけてある、といえばわかるだろうか。

つゆの色はかなり濃いので、しょっぱいのかというと、まあ確かにしょっぱいのだけれど、それよりも甘さの方が強い。
要は、砂糖みたいなのがたくさんぶち込んであるとおぼしき濃いつゆにうどんが浸してあるというもの。

なんだこれは!

おそらく、香川県あたりの人がこれを食べたら卒倒するのではないかと思えるくらい、「うどん」と言ってもまったく異分野の物体。

日本は広い!と実感したのでありました。


さあ、ホテルをチェックアウトして、伊勢市駅へ。荷物はコインロッカーに預けて、まずは、外宮に向かおう!


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック