「八重の桜」第35回「襄のプロポーズ」を見た感想

「八重の桜」第35回「襄のプロポーズ」を見たのです。
公式サイトはこちら → http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story35/

ああ。
尚之助(長谷川博己)が、あまりに悲惨で・・・・

それはともかく、襄(オダギリジョー)の迫り方というのは、ちょっと異常では?
本当に、弟が戦死した場所に連れて行ってあんなことを言ったら、普通は人格を疑われてしまうのではないかと思うのですが・・・・

という、強烈な違和感を感じたのだけれど、他の視聴者はどうなのだろう?

何はともあれ、会津の復権が少しずつ進んできたような印象もあったのだけれど。
槇村(高島政宏)のひと言が強烈だったのです。
覚馬(西島秀俊)との決裂の日が来ることを予想させるのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック