テーマ:江戸時代

大事件をスリリングに描いている。 ~ 「武家と天皇」今谷明 著 をまたも読み返した感想

今谷明「武家と天皇」を読み返してみる。 どうやら、5年前のGWにも読み返したらしく、感想文を書いている。 → http://pu-u-san.at.webry.info/200805/article_7.html 今回も、この当時の感想文と実は同じ感想であって、 天皇権力・権威を少々買いかぶりしすぎているのではないかとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も昔も政治は難しい ~「御家騒動」百瀬明治 著 読書感想文

「一億総中流」だったのは、いつのころだったのだろう。実はあれも単なる幻想だったのかもしれないけれど、それでも、みんながそのような共同幻想を抱くことができたというのは、幸せな時代だったということかも知れない。 実はもともとこの国は「格差社会」だったのかもしれないけれど、それが公然と言われるようになり、世の中の常識になってしまったのは、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行き詰まったら新産業創出しかない ~「名君と賢臣」百瀬明治 著 読書感想文

本棚を整理するといろいろ本が湧いてくる。昔読んだ本を読み直してみるというのもお金はかからず面白い。 今年は戦国の上杉家が話題になっているけれど、直江兼継の大ばくちが失敗して大幅な減封を食らったために江戸時代の上杉家は大変な財政危機に陥るわけです。それを立て直したのが、かの有名な上杉鷹山。 その鷹山のブレーンの竹俣当綱(たけまたま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more