テーマ:日経

怒り続けた1週間(平成24年6月29日(金)のかもちゃん)

とにもかくにも、今週は終わった。 今週は、とにかく、怒ったり喚いたりし続けたのでした。 今日も、朝から人を叱りとばしてしまったわけだが。 こんなに怒ってばかりいるなんて、自分が、いかにできていない人物かというのを改めて感じたのだけれど。 でもまあ、一方で、いろいろ言いたいこともあって。怒りたくもなるでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと余裕を持たないと。(平成23年10月21日のかもちゃん)

オフィスの建物が大きいと、同じ建物内であっても、たどり着くのにかなりの時間がかかったりする。 ましてや、動いているエレベーターが少ないと。 というわけで、遠く離れた場所での会議にギリギリで滑り込む、ってなことが相次いでいるのです。 もっと時間に余裕を持たないといけないね。 昼は、社食で肉野菜炒め。 夜は、立食(「た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の教え方がわからない。(平成23年9月23日のかもちゃん)

今日は秋分なので、奥さんがおはぎを作る。 奥さんのおはぎはなかなかおいしいのです。 たくさん作りすぎたので(いつもそうなのだが)、息子さん(ぶぶ太郎)とお嬢さん(ぶぶ子)がご近所に配ってくる。 しかし、残ったおはぎを全部配ってしまおうとした奥さんに対してお嬢さんが抵抗。少し残すことに。 本当に、父親に似て、ケチな根性だ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

6月7日の日経記になる記事(国債投資)

6月7日の日経夕刊の「らいふプラス」は、国債投資について説明。 記事にあるとおり、国債は国が財政破綻しない限り元本を回収できるので、まさに「安全資産で運用したい投資初心者向き」ですよね。 実は、自分でも先日、「3年もの」(利回りは0.24%)を買ったので、関心を持って記事を読んだのです。 個人向け国債には3年もの、5年もの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

6月6日の日経気になる記事(料理の話と労働時間規制の話)

6月6日の日経に気になる記事があったのです。 「インタビュー 領空侵犯」のコーナーです。 ここって、時々、かなりぶっとんだ内容が載っていることがあるけれど、今回は割合穏当というかなんというか。 心療内科医の海原純子さんのインタビューで、テーマは料理の「脱レシピ」。 現代人は人から示されたマニュアルに従いすぎていて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしドラ試写会は落選

メールをチェックしていたら、以前申し込んでいた、日経の「もしドラ」映画試写会は落選したというメールが既に来ていたのでした。 その代わりというのか何というのか、キャンペーンの案内がメールの後ろに書いてあったのです。  「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行動経済学の活用

2月11日の日経経済教室欄には、非常に興味深い論考が載っている。 筆者は日本大学の中川雅之教授と一橋大学の齊藤誠教授。このうち齊藤教授には、数年前に何度かご説明に伺ったことがあるのだが(おそらく先生の方はご記憶にないであろう。)、当方のナイーブな説明に対し、非常に厳しい指摘をいただいたものである。特に、ご専門である金融分野に関しては、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「事業主負担」は、結局、誰が負担するのか?

健康保険や雇用保険では、保険料の一部を被保険者(労働者)本人ではなく、事業主が負担しています。 健康保険では労使が折半(事業主が上乗せ負担することは可能。)。雇用保険では本体給付(失業給付など)に当てる部分は労使折半で、この他に雇用開発や能力開発の事業に当てるための部分があって、その部分は全額事業主が負担。 さて、この「事業主負担」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more