テーマ:財政

とにかく情報の公開だ! ~「霞が関埋蔵金」菅正治 著 読書感想文

いろいろな経緯を経つつ、「埋蔵金男」高橋洋一氏の活躍もあって、「霞が関埋蔵金」という言葉自体はかなり広まっている。しかし、少し突っ込んで考えると、いったい、国の特別会計で貯めこんでいるお金のうちのどの部分が発掘・利用可能な「埋蔵金」なのか、それはいくらあるのか、そして、それはいったん取り崩してしまうとなくなってしまうのだから恒久財源には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「検証 経済失政 誰が、何を、なぜ間違えたか」軽部謙介・西野智彦 著(読書感想文)

「100年に1度の経済危機」を迎えた今年の10年前である1998年には、長銀・日債銀の連鎖破綻という、下手をすると「日本初世界金融恐慌」になりかねない事件が起きたわけだが、その前年である1997年にも山一證券破綻に象徴される大事件が続々と起きた。 本書は、(今のところ)戦後最大の経済混乱が発生した97年に、財政・金融をめぐって一体何が…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more