テーマ:経済学

祝! 岩田規久男先生の日銀副総裁ご就任!

岩田先生が副総裁就任かあ・・・・ 長年に渡る筋金入りの日銀批判者がこういう立場になるというのは、すごいことだよね。 「学者が怒ると結構すさまじい ~「経済学的思考のすすめ」 岩田規久男 著 読書感想文 」 http://pu-u-san.at.webry.info/201101/article_21.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「数学を知らずに経済を語るな!」についてのつぶやき

高橋洋一著「数学を知らずに経済を語るな!」の感想文を書いたのでした。 http://pu-u-san.at.webry.info/201201/article_23.html その中で、次のように書いたのでした。 他方、プライマリーバランスと名目GDPの関係を示すくだり(44頁~)は、よく分からない。 46頁のグラフの解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餃子vsアジフライ(平成23年10月10日のかもちゃん)

どうしてだろう。 今日は一日中、寝たり起きたり。 それは、奥さんも同じ。 いつもはとても勤勉な奥さんが、なぜか今日はだらだらしているのだ。 今日は息子さんが修学旅行で中国に出発して2日目。 予定では、今日、北京から西安(シーアン)に飛んで、そこで一泊。 西安(シーアン)と言えば、昔の長安。 前漢、隋、唐の都ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それで、結局、どう役立つの? ~ 「最新 行動経済学入門」 真壁昭夫 著 読書感想文

経済学(特に、ミクロ)に関する本を読んでいて、いつも違和感を感じるのは、登場する「人間」が、常に合理的な判断を行う、ホモ・エコノミクスであること。これは話をわかりやすくするためのモデルである、つまり、「お約束」である、というのはわかるのだけれど、それにより話がとてもうさん臭くなる。「結局、経済学なんて、現実離れしているから役に立たないよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

状況は変わっても目からうろこがぼろぼろと ~ 「間違いだらけの経済常識」岩田規久男 著 読書感想文 

本棚を整理していたら、昔読んだ本が出てきた。 奥付きによれば、「1991年10月15日」に発行されたらしい。ちょうどこのころ、経済全般に関連する部署にいたのだけれど、何せろくに経済学を勉強したことがないので、危機感に駆られて読んだのだと思う。 経済学フリーと言っても良い当時の自分にはなかなか衝撃的な内容だったのだけれど、特に、地価に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

行動経済学の活用

2月11日の日経経済教室欄には、非常に興味深い論考が載っている。 筆者は日本大学の中川雅之教授と一橋大学の齊藤誠教授。このうち齊藤教授には、数年前に何度かご説明に伺ったことがあるのだが(おそらく先生の方はご記憶にないであろう。)、当方のナイーブな説明に対し、非常に厳しい指摘をいただいたものである。特に、ご専門である金融分野に関しては、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「事業主負担」は、結局、誰が負担するのか?

健康保険や雇用保険では、保険料の一部を被保険者(労働者)本人ではなく、事業主が負担しています。 健康保険では労使が折半(事業主が上乗せ負担することは可能。)。雇用保険では本体給付(失業給付など)に当てる部分は労使折半で、この他に雇用開発や能力開発の事業に当てるための部分があって、その部分は全額事業主が負担。 さて、この「事業主負担」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

学者が怒ると結構すさまじい ~「経済学的思考のすすめ」 岩田規久男 著 読書感想文

筆者の本を最初に読んだのは今から20年以上も前に、マクロ経済に関係する職場にいた頃のこと。 経済について広まっている誤解(俗説)について、主にミクロ経済学を活用して間違いを正す内容の本だったのだけれど、読んでいて、かなりの衝撃を受けた。だって、 「銀座で飲むコーヒーが高いのは銀座の土地代が高いため。」 「社会保険料の事業主負担を増…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

「ライアーゲーム」感想

録画していた、フジテレビの「ライアーゲーム」を、ようやく見終える。 参考 ドラマのHP http://wwwz.fujitv.co.jp/LG2/index.html 正直言って、ゲームの内容はさっぱり理解できてません。ややこしすぎて。 それはともかく、「囚人のジレンマ」という言葉もドラマの中に出てきたように、ゲーム理論に…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

今日もリハビリ(11月4日のかもちゃん)

【今日もリハビリ】 今日も病院に出かけて、指のリハビリ。 最初はお湯につけて。 その後、マッサージされていると、だんだんむくみが取れてきて、指が曲がりやすくなってくる。 折れた指が動かないでいると、それ以外の指も動かなくなってしまうので、ちゃんと動かすようにしないといけない。 【出張の準備】 急きょ出張することになっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今日も、一日中、家にいる。(10月9日のかもちゃん)

【今日も、一日中、家にいる。】 退院翌々日なので今日もお仕事は休んで、一日中、家にいる。 中川昭一さんのご葬儀が行われたとのことで、本来であれば、かもちゃんも参列すべきところなのだろうけれど、こんな状態なので、失礼することに。 【大丈夫か、お嬢さん】 お嬢さんが学校に行こうとしたら、いきなり、吐いちゃったんですよね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日中、家にいる。(10月8日のかもちゃん)

台風は日本の東の海上に抜けたけれど、大きな被害が生じたようです。 お見舞い申し上げます。 【一日中、家にいる。】 退院翌日なのでお仕事は休んで一日中、家にいる。 お嬢さんの学校もお休み。 奥さんはお仕事に出かけたのだけれど、18号台風のせいで電車が止まってしまい、線路の上を歩いて駅まで行ったのだそうです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人間は未練から逃れられるのだろうか。(10月2日のかもちゃん)

【今日のお昼は・・・】 さぬきうどんのお店で豚肉をたくさん載せたうどんを食べたのです。 う~~~ん。 お肉はそれなりにおいしいのだけれど、胃にもたれる。 肝心の麺がちょっと茹ですぎではないかしら。つるつる感が全然ない。 そして何よりも、お値段が高い。ああいう場所ではそうなってしまうのかもしれないけれど。 さらに文句を言えば、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「プロを軽視する国」への絶望的な警鐘 ~「日本銀行は信用できるか」岩田規久男 著 読書感想文

「○○は△△か」 ・・・という表題の本の結論が「○○は△△である」ということであった試しはないけれど、本書も同じ。いきなり結論を言えば、「日本銀行は全く信用できない」というのが著者の主張。 著者はかねてより日本銀行の金融政策を「日銀理論」として厳しく批判してきた金融理論の専門家であり、この結論は予想どおりなのですが。 http:/…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

年賀状(12月29日のぷぅさん)

何とか年賀状をポストに投函できる。百数十枚程度か。 今年開いた検討会のメンバーの方々にも送付。本当にお世話になりました。来年もよろしく、と書きたいところなのだけれど・・・ 年賀状を出すのは毎年いつも年末ぎりぎりのこの時期になってしまう。ぷぅさんがずぼらだというのもあるけれど、毎年、26日あたりに人事異動の内示があるので、その様子を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more