テーマ:労働問題

竹内結子主演「ダンダリン」を見た感想

労働基準監督官が主人公のドラマ「ダンダリン」(竹内結子主演)を見たのです。 弱い立場の労働者を守る、こういう仕事がドラマに取り上げられること自体が、労働者保護につながると思うのでそれは良いのだけれど、ドラマとしては..... 竹内結子が単なる困ったちゃんにしか見えないのだが。 労働者は、本当に救われたのだろうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働基準行政のドラマ

労働問題のブログでも紹介されているのだけれど(「ダンダリン・労働基準監督官@日テレ」 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a88d.html)、竹内結子が主演のドラマが始まるらしいのです。 (念のため。「労働基準行政」には、これまで一度も関係したことがないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術の話が・・・(平成24年8月30日(木)のかもちゃん)

打ち合わせをしていて、ときどき、「前にやったこれって、変だよね。」という話が出たりするわけです。 ううううむ。 そのつど、「どうしたら良いのだろう」と思っている自分に気づくのです。 【今日はどんな日だったっけ?】 4時30分 起床 ネットをチェック 5時30分 奥さんを起こす ブロッコリーをゆでる 6時   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いちはし」さん?(平成24年7月18日(水)のかもちゃん)

お昼休みに福島の桃のキャンペーンをやっていたのです。 「ミス・ピーチ」が試食用の桃を配っていたので、いただいたのです。 ああ、本当に甘くて、おいしい!! 桃は、大好物なのだ。 http://www.maff.go.jp/j/heya/tenzi/1207/pdf/t_120717.pdf 【とにかく、暑い!】 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今日は、怒鳴らなかった。(平成24年7月9日(月)のかもちゃん)

今日から子供たちは定期試験。 それなのに、お嬢さん(ぶぶ子)がなかなか起きない。 もう少しで、遅刻になるところだったぞ。 【今日は、怒鳴らなかった。】 今日は、久しぶりに、怒鳴ったりわめいたりしなかった。 でもなあ。 きっと、明日にはわめくのだよ。 心配事は山のように増えていく。 【40歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒り続けた1週間(平成24年6月29日(金)のかもちゃん)

とにもかくにも、今週は終わった。 今週は、とにかく、怒ったり喚いたりし続けたのでした。 今日も、朝から人を叱りとばしてしまったわけだが。 こんなに怒ってばかりいるなんて、自分が、いかにできていない人物かというのを改めて感じたのだけれど。 でもまあ、一方で、いろいろ言いたいこともあって。怒りたくもなるでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

許さん!!(平成24年2月22日(水)のかもちゃん)

ちくしょう!!! 許さん!!! ・・・と、息巻いたのです。 とは言え、息巻いたからと言って、どうにかなるわけでもないのですが。 不逞の輩をのさばらせたままなのは、本当に悔しいところなのだけれど。 【高尾へ】 今日は全国から集まっての会議の日。 なのだけれど、かもちゃんはその会議を途中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしいお兄ちゃん?(平成24年1月12日(木)のかもちゃん)

官僚の腐敗事件として、「インサイダー」で逮捕されるというのは珍しいパターンでありますが、とにかく困ったことであります。本来資本主義を支える重要なインフラであるはずの株取引自体がいかがわしいものであるかのような印象を世間に与えてしまったのも残念。 経済産業省には「首席監察官」というポストがあるみたいなのです。どういう職なのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そばを2回食べてしまった。(平成23年12月14日のかもちゃん)

今日のお昼は、社食で天ぷらそばの大盛りを食べたのだけれど、どうもいまいち。 麺がどうもしっくりこないのです。 もっとつるつるにするか。 もっとどっしりにするか。 どちらかではないかと思うのだが。 と文句を言うのなら、食べなければいいじゃないかと言われそうだけれど。 でも、ついつい、通ってしまう。 気がついたら、夜もたぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信頼はあなた自身の自覚から(平成23年12月2日のかもちゃん)

かもちゃんも、記事を読んだときは、「えええっ!」と思ったのだけれど、その感覚はそれほど変ではなかったみたい。hamachanブログが、名古屋市の減税財源の話にコメントしています。 http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-00bc.html でも、このコメントを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館が、すばらしいっ!(平成23年11月22日のかもちゃん)

まあ、何というのでしょう。 感覚が全くの別世界の話みたいで、何とも。 産経 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111122/crm11112213110019-n1.htm 逮捕の井川前会長が「お詫び」 「借入金の殆どをギャンブルに使った」「カジノで儲け深みに」…   大王製紙前会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家のご近所の野田事務所が・・・(平成23年11月10日のかもちゃん)

第3次補正予算案は衆議院を通過しました。 結局、7日(月)~9日(水)に基本的質疑(全大臣出席)を行い、8日の午後には一般質疑(出席は要求大臣+財務大臣。)、そして10日(木)に締めくくり総括質疑(全大臣出席)、採決、そして本会議に緊急上程して採決ということですから、かなり迅速に審議がされたということになりますね。やはり、震災復興関連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森永卓郎さんのご意見(NHKラジオ)

朝のNHKラジオを聞いていたら、森永卓郎さんが登場。 テーマは、公務員人件費の削減。復興増税をするのではなく、公務員給与を引き下げるべき、との主張。 ① 人事院の民間給与実態調査の対象を従業員50未満の企業まで広げる ② 非正規労働者も調査対象に加える この2つの措置により、「民間準拠」がより準拠することになり、これ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

B型の皆さんに訴える!(平成23年8月23日のかもちゃん)

どうやら、日程が固まったようで。 そして、本命も名乗りを上げて。 いずれにせよ、震災復興やら原発対応やら円高対策やら問題はものすごく山積。 この難局を乗り切れる体制ができることに期待したいですね。 【今日図書館で借りた本】 千代田区立図書館は夜10時まで開いているビジネスマン向けの図書館だと聞いていたのですが、今は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B型ですけど、何か?(平成23年8月22日のかもちゃん)

あのですよ。 私だって、世間では「B型」について、協調性がないとか、自分勝手だとか言って馬鹿にしていることは承知しております。 しかしながら、私は、娘と「Bチーム」だと平気で書いておるくらいであり、開き直っておるのです。 B型の特徴だと世間が言っていることの中には、創造性の高さといった、前向きっぽい項目もあるわけでありますので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

難航する娘の宿題(平成23年8月3日のかもちゃん)

まぁ、現政権に対する反対派の急先鋒である産経新聞だからこういう記事になっちゃうのかもしれないのですが。 産経 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110803/stt11080310100002-n1.htm 堪忍袋の緒が切れた?小沢氏、内閣不信任案提出の意向  民主党の小沢一郎元代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大陸的行動に口をあんぐり。(平成23年7月25日のかもちゃん)

いやぁ、やっぱり、すごいっ!・・・と、素直に感心いたしたというか、驚嘆したというか。 あんなに大きな事故があったにもかかわらず、こんなに迅速に運転を再開できるなんて。 さらにそれに先だって、ものすごく迅速に事故車両を地中に埋めてしまうなんて。 我々日本人の発想をはるかに超えた、まさに大陸的行動ということなのでしょうか。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「新しい労働社会」をどのように実現するのか? ~ 「新しい労働社会」 濱口桂一郎 著 読書感想文

筆者のブログ(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-2e58.html)によると、本書はかなり売れているらしい。正直言って、今の出版状況の中、岩波新書で「6刷」というのが、どのくらいすごいのか見当がつかないのだけれど、たぶんきっとすごいことなのでしょう。 本書の「…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

6月なのに馬鹿みたいに暑い(平成23年6月24日のかもちゃん)

それにしても、馬鹿みたいに暑い。まだ6月ですよ。 この調子で行ったら、本当に、7月・8月には大規模停電になってしまうぞ。 うちのお嬢さんは二日続けて学校をお休み。 でも、おかげさまでだいぶ回復してきた様子。 この分だと、明日は登校できそう。 暑さに加えて、学校生活についていくのが大変だ、というのもあるのでしょうね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災あれこれ(平成23年6月20日のかもちゃん)

九州を中心に、大変な大雨が降り続いています。 あちこちで被害も生じているとのこと。 心より、お見舞い申し上げます。 ついに、東日本大震災の復興基本法が成立。 これで、復興の基本的枠組みはできたわけで、これからはこれを踏まえた具体的な取組が本格化するわけであります。 衆議院HPより http://www.s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たぶん、間違いです。(平成23年6月15日のかもちゃん)

奥さんが何かの懸賞で「クーザ」の券を当てたのです。 → http://www.fujitv.co.jp/events/kooza/html/index.html でも、仕事があるので行けないんだよなぁ、どうしよう・・・という話をしていたのです。 そうしたら、何と、今日は「千葉県民の日」ということで、息子さんとお嬢さんが通っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雇用調整助成金に関するあれこれ

労働問題をわかりやすく解説してくれるhamachanブログに、雇用調整助成金に関する話が載ってます(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-fa83.html)。 経団連が一般財源(すなわち税金を財源とするもの。) バージョンの雇用調整金を要望したのだそうで(従来の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ご近所から総理大臣?(平成23年6月9日のかもちゃん)

「パロ」が大人気らしいです。う~む。産総研、やるね。 毎日 http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110609k0000e040028000c.html 東日本大震災:「アザラシロボ」 被災者の癒やしに  東日本大震災で被災した人たちの心のケアが課題になる中、独立行政法人「…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

6月6日の日経気になる記事(料理の話と労働時間規制の話)

6月6日の日経に気になる記事があったのです。 「インタビュー 領空侵犯」のコーナーです。 ここって、時々、かなりぶっとんだ内容が載っていることがあるけれど、今回は割合穏当というかなんというか。 心療内科医の海原純子さんのインタビューで、テーマは料理の「脱レシピ」。 現代人は人から示されたマニュアルに従いすぎていて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実体験に基づく学者の怒り ~「職場の法律は小説よりも奇なり」 小嶌典明 著 読書感想文

 労働法についての調べ物をしていたら、本書に出会ってしまった。  労働法について学者(大阪大学教授)が書いた本であるが、特定の分野についての学術書ではなく、労働法をめぐるのエッセイとでも言ったほうが良い。「この本、本当に労働法の学者が書いたものなのか?」と疑いたくなるほど大胆不敵な内容で、ある意味「奇書」かもしれない(褒めているつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「事業主負担」は、結局、誰が負担するのか?

健康保険や雇用保険では、保険料の一部を被保険者(労働者)本人ではなく、事業主が負担しています。 健康保険では労使が折半(事業主が上乗せ負担することは可能。)。雇用保険では本体給付(失業給付など)に当てる部分は労使折半で、この他に雇用開発や能力開発の事業に当てるための部分があって、その部分は全額事業主が負担。 さて、この「事業主負担」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

さらに前進。(2月25日のかもちゃん)

【今日買った本】 「たった1%の賃下げが99%を幸せにする」城繁幸 著 (若者世代の代表として「正規労働者」に対する容赦なき批判を展開している人事コンサルタントの城氏の著作) 「日本経済ひとり負け!」高橋洋一 著 (復活したご存じ「霞が関埋蔵金男」の最新著作。このタイトルだから、現政権を厳しく批判する内容なのでしょう。) (と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「労働再規制」五十嵐仁 著 (読書感想文)

「蟹工船」ブームをどう見るか。もともとあの「小説」は、プロレタリア文学と言うくらいで、ブルジョア階級と闘うプロレタリアートの階級闘争のためのイデオロギーぷんぷんのアジテーション物語なのです。(その点ではうまくできている。) 本書は、小泉政権下での労働に関する規制緩和が、安倍・福田両政権下で反転していく政治過程を論述しようとするものだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more